ぱーっと晴れやかな袴

袴で晴れやかに演出

新着情報

◎2017/10/20

安い袴を探す方法
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

購入とレンタルどっちが一般的?
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

袴に合うヘアスタイル
の情報を更新しました。

◎2017/1/17

入学式・卒業式に欠かせない袴
の情報を更新しました。

「袴 一般」
に関連するツイート
Twitter

【結納について】結納は地域によって形式は様々ですが、主に関東式では女性側から「御料」として結納金の半額程度を収める半返しが一般的、関西式は結納返しはあまりしないが、代わりに記念として品物を送る場合が増えてきています。

Twitter kekkon_memo 結婚全力サポート めもこん

返信 リツイート 15:21

落語家には(一般的に)階級があり、見習いを経て前座→二ツ目→真打となります。二ツ目になると紋付き羽織が着用でき、真打になると「師匠」と呼ばれ、弟子をとることもできます。落語を聞くようになるまで全く知らなかったですけどね。落語家の呼び名=師匠かと思ってました(^_^)

Twitter morimistars1975 もりのみやこ

返信 リツイート 昨日 21:53

【結納について】結納は地域によって形式は様々ですが、主に関東式では女性側から「御料」として結納金の半額程度を収める半返しが一般的、関西式は結納返しはあまりしないが、代わりに記念として品物を送る場合が増えてきています。

Twitter kekkon_memo 結婚全力サポート めもこん

返信 リツイート 昨日 5:20

RT @G_Shincho: 西郷どんの愛犬つん。上野の西郷さんをお清めして紋付を着せる西郷南洲翁銅像清洗式というのがありまして、われわれ一般市民も足場の上にあがらせてくれた! pic.twitter.com/JE0bLCdfu2

といいますか、フォロワーさん結構一般参加されてる方いらっしゃってて、声かけられたりとかして嬉しかったです💡初めて着物というかで行ったのでして。…意外と目立ってた…?(汗多

Twitter marina_isuzu 今里茉莉奈@6/60リメイク1巻原稿なう

返信 リツイート 5/20(日) 20:53

でも調べてて、「うーむ」と思ったのが、 正式なドレスコードで、民族衣装は「準正装」なんだよね。 和装の正装の五つ紋付羽織も紋付黒留袖も、国際的には準正装……。 まぁ、一般人にとって「準正装はNG」なんて場は一生無縁とはいえ……うーむ。

【結納について】結納は地域によって形式は様々ですが、主に関東式では女性側から「御料」として結納金の半額程度を収める半返しが一般的、関西式は結納返しはあまりしないが、代わりに記念として品物を送る場合が増えてきています。

Twitter kekkon_memo 結婚全力サポート めもこん

返信 リツイート 5/20(日) 7:19

「パンツ」 1発目にこれが来るとは( ̄▽ ̄;) 実は70年代まで(女性の)下着を指す言葉として「パンティー」が一般的でした。80年代後半ぐらいから男女・年齢の区別なく下着の事を「パンツ」と呼ぶようになったそうです。元はズボンの事で明治時代には洋(ずぼん)と表記してました。

一般的な忍の者の格好と言えば黒いたっつけでしょうね。真田忍隊でも半分以上がその格好です。

RT @endo_yurika: の時は眼鏡🤓きょうは全学年から1人ずつ!なメンバーでした。2人とも頼れるしっかりもの♨︎明後日から2ndライブの一般販売も始まります!クリスマスイブ、是非遊びにきてね! #温むす pic.twitter.com/LwmzwoQ978

Twitter S45CD3RowuMVNBB 雪@ゆりしぃありがとう

返信 リツイート 5/18(金) 20:26

袴を持っている人の割合とは

袴を持っている人の割合とは どんなに和装が好きで、普段から着慣れている方でも、袴を持っている方はほとんどいないでしょう。
男性であれば、その割合はかなり上がるとは思いますが、現代において、女性が袴を着ける機会は生涯を通しても数えるほどしかありません。
もともと、袴は活発な動きをする際に、着物の裾が乱れても見苦しくないようにつけるものですから、和装をしてそのような活動的なことをする機会自体少ないと言えます。
巫女さんが神事で奉納するために舞を舞う、武道などで激しい動きをするなど、習慣的に着るのは特殊な仕事や習い事などに限られています。
現代の卒業式などにも見られるスタイルとして人気ですが、これは、かつて女学生が通学や学校生活において、裾が見苦しくないように着ていたのが名残です。
卒業式などでは、和装の華やかさと凛とした佇まいに、学生らしい若々しさをプラスしたところに特別感があり、例え袴を持っていなくても生涯に一度はチャレンジしてみたい憧れの装いです。

袴は購入とレンタルどっちが一般的?

袴は結論から申し上げるとやはりレンタルが一般的だと思われます。
袴は着物のように値段が高くないため買ってしまおうと思われる方もいらっしゃるでしょう。
何回も着用する可能性のある方は購入も良いのかもしれません。
しかしほとんどの方が一回きりの着用になるでしょう。
記念にと思って家で保管していても、着る機会がなければ、箪笥の奥でずっと眠ったままです。
着物ほど高額なものではないからといって、一回きりの着用のために購入するのは、何だか勿体ないと思われませんか。
レンタルですと、購入よりはずっと安くて済みますし、着物もセットで楽しめます。
洋服と一緒で、袴のデザインや柄など毎年変わります。
もし一回きりではなく何回か着るチャンスがあった時、その時の流行りのものも着てみたくなるものです。
ほとんどの方が一回きりの着用になりますので、箪笥の肥やしにしてしまうよりも安くレンタルして、その時代に合ったものをその都度楽しむほうが良いのではないでしょうか。