ぱーっと晴れやかな袴

袴で晴れやかに演出

新着情報

◎2017/10/20

安い袴を探す方法
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

購入とレンタルどっちが一般的?
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

袴に合うヘアスタイル
の情報を更新しました。

◎2017/1/17

入学式・卒業式に欠かせない袴
の情報を更新しました。

「袴 サイズ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@hakuya_tsubame ケッコー高いですよねー サイズ合ってないのならありますわ……😂

Twitterわおわおわおん@43CTW

返信 リツイート 昨日 23:34

私…サイズSSでいいみたいです✨

ゴウセツ装束。欲しかった装備なので早速購入! エレゼンだと若干サイズが大きい感じがするかな?でもカッコイイ( ´∀`) 脚装備の筒はブーツ系足装備を合わせると脛部分がブーツ内に入った状態になります。 胴を帝国装備するのも良さそう。 pic.twitter.com/WTRlxlPTzt

着物はリサイクルだととても安いです(´ω`)1000円で手に入ることもありますw サイズの問題はありますが、丈が多少足りなくてもでカバーできますし、腕の長さが多少足りなくても下にシャツやパーカーを着ればいけます( ^ω^ )

TwitterLGBTきもの普及協会@kimono_lgbt

返信 リツイート 昨日 14:56

なかやまゆーき君のが短いのが気になる… もう彼には合うサイズが無いのだろう。 だって、足の長さ3メートル

Twitterゆんゆん爽ジャス🌹のおんな@kururusouchou96

返信 リツイート 昨日 14:01

制作者である女帝といっそ白小袖とサイズ別にして袿は同じにしようかと話したし。ただやはりリカちゃんには丈が長くなっちゃうんだけども。なるべく女帝が手間のかからないようにしたいし。うぅむ。

返信先:@reooreo723 まずはなんのアニメにするか または誰声優のコスにするのかを決めます。太めなら(失礼ですよね...) などのコスがいいと思います。 などなら以外サイズ大きいので

謝罪はなかったです。元々そこは、私が履きやすいようにとレギンス部分を縫い付けていた部分だったのですが、殆どが外れてしまっていました。腕の黒い飾りも私には太すぎ、縫ってサイズを合わせていたのですが、ぶちっとなっていました。レギンスが無事かは、まだ辛く確かめることができていません→

Twitter芹はらぶフェスに行きたい@Seri_c_nanakusa

返信 リツイート 昨日 0:38

着物はリサイクルだととても安いです(´ω`)1000円で手に入ることもありますw サイズの問題はありますが、丈が多少足りなくてもでカバーできますし、腕の長さが多少足りなくても下にシャツやパーカーを着ればいけます( ^ω^ )

TwitterLGBTきもの普及協会@kimono_lgbt

返信 リツイート 9/24(月) 23:56

今朝のShopping戦利品。今回は画像ナシで(;^_^A 女(エンジ、黒、どちらも83cmのSSサイズ)、帯揚げ2色。 87cmしか持ってないので長さの違うはあると便利。 帯揚げが地元のリサイクル屋さんより安かった…さすが京都(*^^*)

TwitterMitsu@10/7大正時代まつり@Mitsu2P4432

返信 リツイート 9/24(月) 23:02

袴を購入する際に注意したい事

袴を購入する際に注意したい事 現代の女性は、日常的に洋服を着用しているので、特に若い女性は和服には馴染みがないものです。
ですが特別な日には、和服を着用するという習慣は今も残っています。
そして若い女性が和服を着る機会の一つが、卒業式です。
卒業式という晴れの舞台には、袴を着用して出席する女性というのは多くいます。
ですがその際、レンタルで済ますか、購入するかで悩む人も少なくありません。
確かに袴を着用する機会は卒業式のみだったりする人が多いですが、一生に一度の晴れの舞台を気持ち良く迎えるために、思い切って購入するという人もいるのです。
そんな風に袴を購入する際に、注意すべきなのが、本当に自分に似合う物をきちんと手に入れる事だったりします。
というのも和服は普段馴染みがないだけに、何を基準にどう選んで良いか分からない人も少なくないです。
ですが選ぶ際に特に注意すべき事は、袴は着物と組み合わせて着用するという事であり、組み合わせのバランスをしっかり考慮する必要がある事だったりします。
具体的には色合いであり、相性の良い組み合わせとしては、水色に紺色、赤色にえんじといった形で、同系色を組み合わせるという方法です。
この方法ならば上手に色合いのバランスが取れるので、おすすめ出来ます。

袴のサイズの測り方

袴のサイズは基本的に一つの数字で表します。
もちろん袴の形にはいくつかのバリエーションがありますが、形が違っても、サイズを表す数字は一つということです。
それは、袴丈(はかまだけ)又は紐下(ひもした)と呼ばれるものです。
袴には上部に紐の部分がありますが、それを含まない、紐よりも下の部分の長さ、丈のことです。
それは分かったとして、では自分の体でどこの長さを測ればよいのか、ということになりますが、それは締める位置で変わってきます。
洋服のベルトを締める位置とは違いますので、測ったことのない人には難しいです。
実際にはお店で測ってもらったほうがよいでしょうが、参考的に言えば、男性の場合は身長を2で割って5cmを加えた数字、女性の場合は身長を2で割って15cmを加えた数字くらいが目安です。
男性の場合はほぼ腰から腹の下あたりで締めますが、女性の場合は胸の下あたりで締めますので、同じ身長でも女性のほうが長さは長くなります。